maron*JAPANの日記♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお父ちゃん

知人のお見舞いに行った時、そこの受付のお兄さんが氷川きよし似で超かっこい~のだ

そこで、すかさず私がみーちくりんに小声で
「ねーねー、あの受付のお兄さん、めっちゃ、かっこよくな~い?」と言う
さすがに我が娘、小声で「本当、かっこいいねー」だって。

そして帰る時、また受付を通るんだけど  ワクワク
みーちくりんがツカツカツカと歩いていき、お兄さん目の前で立ち止まり
ジーーーーーーっと、見つめてるのだ!!
幼児って、珍しい人(外人とか)を見かけると、ジーっと見つめない?うちだけか?
その習性がまだ残ってて、恥ずかしげも無く目の前に立って見つめるのだ。
(いいな~、私もじっくり見つめたいよ)

そして帰りの車中、勿論お兄さんの話題でもちりき!

私 「めっちゃかっこいいよねーあの人」
娘 「本当、カッコイー」
娘 「ねーねー、ママあの人と結婚すればいいやん!

私 「ええええええっ~ヾ(>▽<)」と思わぬ発言に真剣に動揺するアホな私
私 「結婚したらどーする、みーちくりんのお父ちゃんがあの人になるよキャー」←想像して喜ぶアホ
娘 「いいんやないと、でもあの人、お父ちゃんみたいにベロベロするかね?」
(ベロベロとは、みーちくりんが可愛いあまりにブチュブチュホッペにキスしたり冗談でベロベロなめたりする事)

こんなアホな親子の会話はさらに盛り上がるのでした~♪

ちなみにみーちくりんが大好きなのは
「泣いて泣いてセニョリーター♪の人」←タッキー(滝沢君)の事
↑(こんな歌?歌ってたので^^;)


サマーバケーション

長い長いサマーバケーションも終わっちゃったねー( ̄◇ ̄;)
我が家のバケーションといえば毎度お決まり、きみっぺの実家(耶馬渓)
いや~、毎回期待を裏切らない楽しさがあるねやっぱり。

今回のメインイベントは、超レトロな分校の前に流れる、と~ってもきれいな
川でバーベキュー。
少し下に行った所にある河川プールは人も多くて少し臭いけど、こっちの川は
大自然に囲まれ、観光客もいなくて全然臭くないし本当にきれい。
地元の人しか知らない穴場中の穴場だね。

姑チヨちゃん(仮名)、小姑ゆみちゃん(仮名)、姪ちゃん(社会人)
姪ちゃん(中2)、甥ちゃん(小6)、とうちの家族が参加。

浅い部分がとても広いのでみーちくりんも大喜びでバチャバチャ遊べる
自然のジャグジーがあり、すごい水力で体をもみほぐし最高~(^◇^)/ ウホホホ

しかし今回一番楽しそうだったのは、姑チヨちゃんだね。
孫の帽子をちょこんとかぶり、魚を捕る網を握り、エプロンをしたまま颯爽と
川の中に消えていくチヨちゃん。何十年だてに田舎に住んでないね。
「捕ったどー」とよいこの浜口のようだ(*^m^)o==3

小姑ゆみちゃんもとても面白い。みーちくりんがボウケンジャーのお面をして
「ボウケンピンク!」というと、負けじと「私はデブピンク、デブピンク参上!!
ドスンっ。必殺三段腹攻撃~」と腹を揺らし、それを見た人は笑い死ぬという
必殺技をする。

姪ちゃん(中2)はみーちくりんの世話役。本当によく遊んでくれ、よく叱って
くれ、みーちくりんもかなりの信頼をよせる。彼女なら安心してみーちくりんを
預ける事ができる、本当に有り難い存在だ。

姪ちゃん(社会人)は、今年就職し県外に行った為、今回が久々の帰省。
とても社交性があって本当に感心するくらい親思い。いつかこのボロ屋敷を新築の
お屋敷にしてあげるのが彼女の野望だ。

甥ちゃん(小6)は、心の優しいお兄ちゃん。まだまだみーちくりと同じレベル
なのでみーちくりんに怒られたりしながら一緒に遊んでくれる優しいお兄ちゃん。

こんな楽しい人々が暮らす、きみっぺの田舎。
よく子供が大きくなると、夏休みに「じゃあ、気をつけていってらっしゃ~い」と
子供のみを田舎に送り出す光景がよくあるが、私はふと思った。
「ってゆ~か、私も行きたいし」
私がある意味、子供以上に楽しんでしまっているので、子供のみ行かせる訳には
いかない、私も行っちゃうもんね~。

とまぁ、楽しい楽しい夏休みでした。

maron*JAPAN  オリジナルグッズ販売SHOP

07194.jpg


近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいね♪

↓お店の地図と店内の様子です。クリックすると大きく表示されます。
07196.jpg

仕事の話

以前話した「勤務先の事務所が隣町の事務所に統合される」という話のつづき。

隣町の事務所になると今でも長い通勤時間がさらに長くなるので、行くのはいやだな~(-_-;)
と思いながら日々を過ごしていた所、取引先の会社からある日突然携帯に電話があり
熱烈なラブコール!!
ちょうどその時、美容院にて縮毛矯正中、頭にサランラップを巻いた状態だったので
電話の声もよく聞こえないので
「電話じゃなんですので、又あらためてお伺いします」と返事(;´Д`A ```
ルンルン気分だったのもつかの間、家に帰って会社の場所を地図で調べるとこれまた
とてつもなく遠い事に気が付く。渋滞も考えるとだいたい1時間半はかかりそう(-_-;)

「あ~、こりゃ無理だわ~、断ろう」と思いながらとりあえず会社に行ってみた。
私の第一声「遠いっすね~、通勤は無理そうですぅー(-_-;)」

次に私は目の前にある都市高速を指さし「あれで通勤できれば話は別ですが」(= ̄∇ ̄=) ニヤリ
ものは試しに言ってみら、
「出します!他の従業員には内緒ですが、高速代も出します!」と思いもよらぬ返事が。
え~、都市高速を使えると通勤時間が超早くなるじゃん(^O^)ラッキー!

という事で、生後6ヶ月の乳飲み子を抱えた私を新規に雇って下さった今の会社には申し訳ないなと
思いつつあっさりと退職届けを出すことに。

「え~、なんで~どっか悪いとこあるなら直すからさ~、ぜったい悪いようにはしないからさ~」
とまるで突然に別れを告げられた女々しい男のように、グダグダグダグダ説得をする上司。
一度別れを決意した女性の意思は強いと察した彼もも泣く泣く、退職届を受け取る。

そういう事で、9月中旬には新しい会社に行くことが決まったぞ~!!

仕事内容は、同じような建築資材会社で、主には3Dの製品パースを作ったり、プレゼン資料を
作ったり、あとはCADで設計図面を書いたり。

これからとても忙しくなるだろうな~。

あわや大惨事 の巻

最近ようやく子育ての一端を担うようになったお父ちゃん。
出勤が早い私に代わってみーちくりんを保育園に連れて行ってくれる。

最初のうちは、目を覚ますと「ママがおらん~、ママがいい~(≧◯≦)・゜゜・」
と泣いてたけど、最近はママがいない事にも慣れてきて、順調にいってた矢先の出来事!!

(私はいなかったのでみーちくりんとお父ちゃんの証言によると。。。)
タバコを切らしたお父ちゃんは、みーちくりんが爆睡しているので大丈夫だろうと確信し
近所にタバコを買いに出かける。

その間に目を覚ましたみーちくりん、誰もいない事に気がつきパニックに(たぶん)。
鍵があいてたので靴をはいて、アパートの階段を上がり2階に住むお友達のお家に行く。
泣きながらドアを叩き、助けを求める。
驚いたお友達のママが「パパとママいないの?」と心配し、駐車場でお父ちゃんの帰りを
一緒に待ってくれる。
そんな中、のんきにタバコを買って戻ってくる父ちゃん。


この話を聞いて、本当に背筋が凍った。
以前、父親の昼寝中玄関から抜け出した子供がマンションから落ちて亡くなった話を思い出した。

なんなく事が過ぎていたからこうやって話せるけど、もしもの事を考えると恐ろしすぎる。
もし、お友達のママがいなかったら。
もし、道路に出て車にひかれたら。
もし、階段でこけて落ちたら。
もし、悪い人に連れ去られたら。

もしも、もしも、もしも、もしも、、、、、、、キャー!!(≧□≦)!!!

私がちょっとトイレにいって見当たらないだけでもパニックになるくらい超恐がりなみーちくりん
(4歳になっても今だにトイレについてきて、ドアを開けて用をたさなけばならない私)
今回どれほどパニックに陥った事か。。。想像を絶する( ▽|||)

普段、母子二人の生活なんで「もしママが倒れたり何かあったら、2階のお友達の家か、お隣のお隣のお友達の家に行って、助けて下さーいって言うんだよ」と教えきかせていたのが幸か不幸か
この度実行されたのであった( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

2階のお友達は、広場で一緒に遊ぶ事はあっても実際に家(玄関)まで行ったことはなかったので
よく行ったな~と感心した。しかし、お友達のママには本当に感謝感謝、帰宅後すぐにお礼を言いに
行ったよ。

それにしても今回、一番の「悪」はなんてったってお父ちゃんだね(;`O´)!
子供を置いて家を空けるなんて、絶対にあってはならない事だ~!
大惨事にもなりかねないよ、まったくぅ

押入の布団

押入の上段の更に上の方にしまっている、お気に入りの「お花の布団」。
それを「自分で取る!」となにやら頑張っている。
私は横になってテレビを見ながらみーちくりんの様子をうかがう。
よいしょ、よいしょ、と座布団を運び、押入の前に、ドスンっ!
それに乗っかるみーちくりん
「あれ、たわん(届かない)」
しばらく考えるみーちくりん。。。
どうするのかなぁ、と期待に胸をふくらませ横目で見ている母。
「そ~だ!」とひらめいた彼女の言葉からは想像もつかない衝撃の結末が待っていた∑( ̄Д ̄;)

タオルを一枚もってきて、座布団の上にヒラリ
「よーし」と自信満々の娘の顔、必死で笑いをこらえながら見つめる母(*≧m≦*)ププッ
「あ~れ、ぜんぜんたわんや~ん」と真剣にがっかりしている娘に
笑いをこらえずにはいられない母であった。

これを書いている最中も思い出しては笑いが止まらない。



Appendix

プロフィール

maronJAPAN

Author:maronJAPAN
北九州にて、デザイン会社とネット通販の運営をしています。
中学3年生と小学3年生の娘達、掃除好きのパパさんと、毎日を平凡に暮らす自称パワフルウーマンです(^▽^;)


*仕事*
デザインオフィスmaron*JAPAN
母子手帳カバー通販サイト運営
イラストレーター
グラフィックデザイナー

◎母子手帳カバー
◎BABY IN CAR
◎エコバック

◎チラシ
◎パンフレット
◎ポスター
◎メニュー
◎WEB制作
◎ロゴ制作
◎似顔絵
◎イラスト

etc...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。