maron*JAPANの日記♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産直後の出来事~みーちく編~

お久です。
続きが遅くなりました~。

さてさて、お待ちかね!「出産直後の出来事」をつづりましょう。

超安産で無事に出産を追え、母子別室で二人部屋へと移動した。

さ~疲れた、寝よ。

と思ったが、なんだが下が痛い。

切った所が痛い。

ま、そのうち痛みも治まるだろうと思った。

が!その痛みはだんだんと増していき、しまいにはモガキ苦しむことになる。

あわててナースコールをして、看護婦さんを呼ぶ。

「大丈夫です、皆痛いんですから、皆がまんしてます」

(そっか、、でも本当に我慢できないくらい痛いんだけど)

しばらくして、やっぱり痛くてモガキ苦しむ。

何度看護婦さんを呼んでも「皆、そうだ」で取り合ってくれない。

若い新人風のナースだ。

皆、そうだ、ってお前さんに何が分かる!(怒)と心の中で叫びながら

痛みでモガキ苦しむ。

早朝、ようやくベテラン助産婦がやってきた。

私の様子をみて、普通じゃない事を察し、あわてて点滴に「モルヒネ(らしきもの)」を注入された。

その時のことはよく覚えている。

薬を入れた途端、あの激痛から解放され、眠りにつく瞬間。

それから2時間ほど経った朝、ようやく主治医がきた。

私は薬のせいで、まだ意識がもうろうとしていた。

先生が「すみません、今から緊急手術しますから!」と

私は手術室に運ばれ、背中から麻酔を入れられ、また眠りに落ちた。

結果から話すと、

「会陰切開」の縫合がうまくできておらず、出血をするものの
外には出ず、アソコに800mlの血がたまっていた。というわけ。

若手の先生が縫合をした。

その先生があとから「すみません、、保険適応にします」と謝ってきた。

その時は私も衰弱しきって思考回路が完全に切れてたので「保険適応」の意味が分からなかったが、
退院する時にはじめて気づいた。

出産のお金もかからないし
2週間の入院も生命保険がおりる。ということだった。

今思えば超ラッキー♪

だけど、ちょっと間違えれば出血多量で死ぬところだった。

おーコワ。

こんな具合で、みーちく出産は、生んだ後が大変だった~。

次はどんな出産になるか、、お楽しみ~。。。。

じゃないゼ~もう今から怖くて怖くて。

どうなることやら、トホホ。

出産 ~ミーチク編~

今日は会社を遅刻して病院に行ってきました。

本当は一人で行くつもりだったのに、
赤ちゃん(エコー)がどーしても見たいという事で、ミーチクも一緒に。

今日で12週、前回に比べると随分と大きくなって、ようやく赤ちゃんらしくなってきた。

エコー中、赤ちゃんは寝ているらしくぜんぜん動かない。
(心臓はドクンドクンと動いているのは見える)

先生が「ずっと寝てるね~、赤ちゃん、起きて、起きて~」とエコーの機器をグイグイと押し付けると

「なんだよ~」と、手や足を動かして、とっても可愛いかった~

ミーチクも嬉しそうに見ていた。

さて、今回はミーチクの出産話をしよう。

妊娠9ヶ月で、広告代理店の仕事を辞めた。

しかし、家の中でゆっくりする事に耐えられない私は友達と遊びまくった。
(専業主婦には絶対にむかないです、私)

出産前日も、友人とランチをして、スイーツを食べて、買物に行って、階段をゴンゴン登ったりしてた。

で、その日は突然やってきた。

午前中、“おしるし”らしきものが、あった。

その時、母も一緒にいたので、母に「もうそろそろな気がするので病院に行きたい」と言ったら
「ちょっと待って、あともうちょっとで掃除終わるから」と超キレイ好きな母は掃除を優先する。
なんとものんきな母である。

結局掃除は昼過ぎまでかかり、午後から病院に行った。

病院では、先生が「この様子だとまだまだだね~、明日の明け方かな~」と言っていたけど
そのまま入院することに。

夕方になり、ちょっとづつ痛くなりだした。

夜7時に仕事を終え、トウチクが病院に来た。

それから、結構痛くなりだした。

とてつもなく痛くなったのは夜9時頃。

それから分娩室に入り、50分後にミーチク無事誕生。
(私としては15分ほどのイメージだった)

超、早っ!!でしょ。

明日の朝だろうと思っていたら、生まれたのは夜10時ちょい前だった。


陣痛の痛みを例えるなら、(私の場合)

腐った魚と牛乳と肉を食し、超下痢下痢になり

とてつもなく腹がいたくて、でもトイレがなくて、「まだガマンよ!」と必死に耐える、カンジ。

生まれる時は

ようやくトイレにたどり着き、念願の便座を目の前にして
ガマンしていた巨大ウ○コが、もう出るよ~~~!という瞬間

この期に及んで「まだ出しちゃダメ!絶対ダメ~!」と先生に言われる

ダメって言ったって、無理無理無理~、でるでるでる~!!、というカンジ

生まれた瞬間は

は~出た~~~~~超スッキリ~

という事で、例えるなら下痢的な痛さでした。


こんなに超安産だったのは、きっと体を動かしまくっていたからだろうな~。
私の姉もかなりギリギリまで働いていたので早かったし。


という事で、妊娠、出産と、問題もなく無事終える事ができた私ですが
本当の地獄はこれからだったのです。

次回は、出産した夜から襲う、地獄の日々をお伝えします。

予告:
病院の先生が「保険の適用にしますんで。。。」とミスを認め
出産費用もかからない(むしろ生命保険がおりて儲けた♪)、予想外の結末が待
っていた。

Appendix

プロフィール

maronJAPAN

Author:maronJAPAN
北九州にて、デザイン会社とネット通販の運営をしています。
中学3年生と小学3年生の娘達、掃除好きのパパさんと、毎日を平凡に暮らす自称パワフルウーマンです(^▽^;)


*仕事*
デザインオフィスmaron*JAPAN
母子手帳カバー通販サイト運営
イラストレーター
グラフィックデザイナー

◎母子手帳カバー
◎BABY IN CAR
◎エコバック

◎チラシ
◎パンフレット
◎ポスター
◎メニュー
◎WEB制作
◎ロゴ制作
◎似顔絵
◎イラスト

etc...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。