maron*JAPANの日記♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な出来事 ~母の死~

わたしが小さな頃(4歳くらいかな?)

昼寝をしてた時

頭をナデナデしてくた母。

それがあまりにも心地よくて、いつまでも寝たふりをつづけた。

あの心地よさを、今でも鮮明に思い出します。



私と姉を、ものすごく愛してくれた母

本当に、優しい人でした。



誰からも愛された、本当に素晴らしい人でした。

見た目もとても美しく

年をとっても品があり、モテるタイプでもありました。



そんな最愛の母を亡くし

後付けに、思った不思議な出来事。






あの日


「ちょっと風邪をひいたみたい 
 でも心配しないで、携帯もってるから、何かあったらすぐに電話するから」って

夕方、保育園のお迎えで出て行く私を笑顔で送り出してくれて。


そのあと、帰ってきたミイチク(長女)に

「そこにいるのは、誰だい?」と冗談を言ったのに。。。





本当に本当にあまりにも突然の別れでした。
まさか、こんなに早くにお別れがくるなんて誰も予想していなかったし。
あんなに元気だったのに。






きっと母が

わたし(達)の事を思ってしてくれた事なのであろうと

思わざるを得ない、不思議な出来事を

忘れないうちに書き留めておこう。


(1)同居

昨年11月に同居をはじめた。

(それから4ヶ月しか経たないうちに、母は逝ってしまった)

同居のきっかけは

1.私が当時住んでいたマンション階下の人から子供の足音がうるさいと苦情があった。
2.私の仕事の規模が大きくなるので、今のまま狭い部屋では効率が非常に悪い。
3.たまたま近所に、ものすごくいい物件があり、かなり大きな家なので、母も一緒に住んじゃう??的なノリで。

とんとんと決まった同居。

そして、同居するために、母はかなり荷物を整理し、コンパクトな状態で引っ越してきた。

後付けに思えば、同居してなければ、今頃、母の家の荷物整理、賃貸解約、大型荷物、引き落とし関係の連絡
ものすごくしないといけないことがあったのに
同居したばっかりに、それが最小限に済んだ。



(2)あの日 パパを呼び寄せてくれたのかな?


昼~夜中勤務のパパ。

普段いないはずの夕方、あの日、パパが突然家に帰ってきた。

「何で帰ってきたん?」と、私は不思議で不思議でたまらなかった。

以前、お客さんにもらったお土産(生もの)を夕方、一旦家に持って来たことはあるけど

あの日は、いまいち理由がなかった。

(一応、スリッパを買ったから、って帰ってきたらしい)


そして、パパが、じゃ、いくねって出て行った。

最後に、「何で帰ってきたん?」っと再度聞いたほど、わたしは不思議でたまらなかった。


それからほんのしばらく経ってから、母の容態の変化にはじめて気づいた私。

すぐにミイチク(長女)に「パパに電話しろ!」と指示。

そっこう戻ってきたパパ。

普段は、違う地区にいてたり、すぐには帰宅できない状況が多いのに

あの日に限って、家のすぐそばにいた。

私が普段、あせると、変な行動をするのを、母はいつも笑っていた。

だから、また「真紀が慌てて、とんでもない行動をするから。。うふふ(笑)」

とパパを帰らせてくれたんだろう。




(3)葬儀の日 うるさいSARAを一瞬で眠らせた


まあ、うるさいよね SARAは。

チョロチョロしてじっとしていない。

パパにまとわりつくSARA

このあと、喪主の礼があるし~、と思いつつ

隣の来客コーナーにいる義妹(パパの妹)に、

ごめん、ちょっと頼むバイ的に、SARAを無理やり押し出す。

すかさず、「パパがいい~」とグズる。

それから

しばらくして、SARAに目をやると

義妹に抱かれたまま、寝とるし!!!!!(驚)

わず3分程度の間よ!

いやいや、この時間で昼寝、普段ありえんし!
夕方なら眠くなるけど、まだ昼やし!


なのに、寝とるし~!!!!!!
ぐっすり寝とるし~!!!!!!


と思いながら、喪主の礼をした。


母のお別れの際

最後はきっちり、皆さんにお礼ができるよう

母ではなく、母の守りである徳のあるお方が

やつ(SARA)を眠らせたのであろう。

本当、普段ありえないタイミング

しかも一瞬で寝かされた

SARAでした。



あと

あの日

普段はビールを飲んでいるのに

その日に限って、珍しくたまたま飲んでいなかったから、と

2時間かかる距離の義妹が、かけつけてくれて

子供達の面倒をみてくれた。

翌日は、私とパパが一日中、家を開けている間

子供達の面倒をみてくれて。

普段は非常に手がかかるSARAなのに、

おどろく程おりこうさんで

ま~ったく手がかからなかったそうで。

それも、母が見守ってくれていた御蔭かな、なんて、義妹と話しています。



▼ 思い出したので追記


(4)一人ぼっちが不安


葬儀の翌日、パパの実家チームが帰ると急に部屋が静かになり

普段の生活に戻ったら・・・

わたしと母の、静かな昼の時間

なんだか一人ぼっちで、仕事するのが不安というか、寂しいというか

一人になったらどうしよう(ToT)と思いつつ

あ!!!!今日、終業式やし!!!

ミイチクちゃんは今日昼帰りで、明日から家におるんやん!

という訳で、恐れていた「一人ぼっちの時が寂しい」というのは避けられました。

まあ、無理やりなこぎつけだけど

母が私が寂しがるので、このタイミングで?なんて

思ってしまいます。






涙が出そうな 朝でした

先週

元気だった母が急逝しました。

同居しはじめて まだ4ヶ月。

いろんな事、わすれないよう、ここに書こうと思ったけど

まだ無理みたいなので、いつか書けるようになったら

書こうと思います。



今朝、保育園の前の歩道近くに車を停め、ドアを開けて荷物を取っていると

後ろの方から

「おはよ~!!」

と知らないおばあさんが。

「ああ、おはようございます~」とあわてて返事をすると

車の中にいるSARAにむかって

「保育園でお友達と沢山遊ぶんだよ~、楽しんでくるんだよ~」

と笑顔ではなしかけてくれた。

まるで母のように。

母は毎朝、保育園に行く時、

ニコニコの笑顔で「楽しく遊んでおいで~」と

優しくSARAに話しかけてくれてた。



今朝のおばちゃんは、すぐ近所に住む自称「小川のおばあちゃん」だそうで

2歳半の孫がいるけど県外に住んでおり、今は夫婦で寂しくくらしてるらしい。

だから、朝、保育園近くで子供たちを見るのが楽しみなんだと。

思わず、涙が出そうになりました。


小川のおばあちゃん、又会えるといいな~

パパが本当に「死ぬかも」と思った瞬間

台所でコーヒーをいれていると

SARAちゃんが

ツカツカとやってきて

「パパが、オエッってなってる」

「?」

「パパが、オエッってなってる」

「?」


何か食べてた訳でもないし?
体調も悪くないし?
今の今まで元気にSARAと遊んでたし?


そんな事ないやろ
と、思いながらパパのいるリビングに目をやると

ΣΣΣ( ̄□ ̄!)
リビングのガラス扉の向こうに
うずくまって苦しむパパを発見


慌てて駆け寄り

「どうしたん!!!!」と背中をさするも

胸をおさえ、頭を地面につけて苦しむパパ

吐くのか???とおもい

すぐに台所のボールを取りに行き

差し出すも

苦しみ方が異様で


どうしよう どうしよう
|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||



救急車を呼ばなければ

とオロオロしていると


ウゲっ!と聞いたことのない声とともに


何かが口から飛び出した。






そう、あの時あのまま死んでいたら・・・




喪主の挨拶はきっとこんなカンジになっていたのだろうか


「飴を喉につまらせて、小さな子供をおいて先だった
 主人の無念さを考えると・・・」


「死因が飴やし!!」(;-_-) =3


SARAが、キッズパークからもらった飴を

パパに食べさそうと差し出すも、指をなめられるのが嫌で

ふざけていて、そして、パパもふざけて、掃除機のマネ(?)で

息を吸いながら飴に口を近づけたその時!!


スポっと気道に入ったらしく

飴を詰まらせて窒息していて、苦しくてもがいていたのだ。

その時、わたしはまさか飴が詰まっていることは気づくはずもなく

心不全か??

どうしよう(ToT)どうしよう(ToT)と

オロオロするしかなく。




今でこそ、笑って話せるけど

もしこれが子供だったら?こんな時は落ち着いて対処しなくては!

と、改めて実感。

普段体験できないことがリアルに体験でき

リハーサルができてよかったよかったと(^^;


あの時、あのまま死んでいたらと思うと、

改めて、パパの大切さもわかりました( ̄▽ ̄;)

パパ生きててくれてありがとう。

デザインのシゴト

デザイン業も、相変わらずなんだか忙しい毎日です。

昨日は看板設置に立会いました。

ロゴデザインは

私作ではなく

お店の知り合いの方作です

素人さんが作ったデータサイズがあまりにも小さい為

看板用の大きなサイズに私が作り替え、入稿して看板手配までをさせてもらいました。


20130313b.jpg

20130313c.jpg

スポーツバー&ダイニング
Ballon d'Or (バロンドール)
093-622-7717

手作りの料理がとっても美味しそう♪♪
こういうお店って冷凍もんが中心かと思いきやこちらのお店は手作りなんです!!
生春巻きが絶品だそうで。

「今日がプレオープンなんで、ぜひお越しください」とお誘いいただいたのですが
うちには小さな怪獣がいるため、夜は出歩けないのです~(ToT)
と泣く泣く断念。

早く、夜飲みに出歩けるようになりたいわ~~






あとは、


■ アロマオイル屋さんのWEBサイトデザイン

■ 楽天の靴屋さんのデザインリニューアル

■ ブライダル プロフィールDVD

■ 印鑑屋さんのWEBサイトデザイン


それとこれからダイエット茶のサイトデザインのお仕事も予定していて

なんと!このサイトでは、デザイン制作のみならず

ダイエットモニターとしても参戦!!!

15キロダイエットして、最近2キロほど太ったので

この2キロをなんとかまた落とさねば!!

という訳で、

イロイロがんばってます。


おまけに、SARAちゃん
先月で4歳になりました!大きくなったね~

DSC_2664.jpg

Appendix

プロフィール

maronJAPAN

Author:maronJAPAN
北九州にて、デザイン会社とネット通販の運営をしています。
中学3年生と小学3年生の娘達、掃除好きのパパさんと、毎日を平凡に暮らす自称パワフルウーマンです(^▽^;)


*仕事*
デザインオフィスmaron*JAPAN
母子手帳カバー通販サイト運営
イラストレーター
グラフィックデザイナー

◎母子手帳カバー
◎BABY IN CAR
◎エコバック

◎チラシ
◎パンフレット
◎ポスター
◎メニュー
◎WEB制作
◎ロゴ制作
◎似顔絵
◎イラスト

etc...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。