maron*JAPANの日記♪

Entries

親離れ子離れ、出張大プロジェクト その4

従妹のお姉ちゃん、さすがに3日間も学校を休むとマズイので、3日目は24H営業の
託児所にお願いすることにした。
24Hといってもお泊りはせずに、夜中きみっぺが仕事を終えて迎えにくるようにした。

その前に、
みーちくは保育園の他に「病児保育(病院が管理する保育施設)」はよく利用するが
それ以外は初めて。なのでみーちくを連れて事前に見学に行ったのだ。

その施設は24Hだけあってお水の姉ちゃん(ママ)をターゲットとしているのか
飲み屋街にある。
それだけに、かなり怪しい外観(ゴージャス)のビルである。ビルの入口はとても
薄暗く、ヘンな彫刻が飾ってあり超不気味。
みーちくはまずその雰囲気でビビッてしまった。

それに拍車をかける出来事がっ!

いきなり悪魔のように低くズ太い声が響き渡ったのだ!!
それを聞いたみーちくは、血相を変えて、「怖い!今のなん?」と泣きそうになる。

その正体とは・・・

バスの「は~い、○○行きご乗車ありませんか?」

という運転手の声だった。バスのスピーカーがボロいせいで悪魔のような声で聞こ
えたのだ。

そんなこんなで託児所にたどりついた時にはすっかりテンションが下がりまくった
みーちく。先生達へのご挨拶もまともにしない始末。

そして帰り際、案の定「みーちく、ここすかん、来たくない!」とグズる。
仕方がないね。
嫌だよね、こんな知らないところに預けられるの。

ま、それはそれで、無事託児所の見学を終えた・・・って訳。

それからしばらくして、ついにその日がやってきた。
夕方、私の母から電話があって
「みーちくちゃんに電話してもぜんぜん、しゃべらんの!昨日まであんなに元気だった
のに、心配で心配で・・・」

それから私もすぐに電話をかけてみる
「みーちゃん?ママよ!聞こえる?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

でも後ろで子供達の声が大勢きこえるので託児所にいるのは間違いない。
それからしばらくしてもみーちくは、全くもって口をひらかない。

んー、仕方ない、
「みーちゃん、父ちくに早く仕事終えて迎えにいくようお願いしとくけ」
と言い、返事のないまま電話を切った。

無言であることが「私がどれほどつらいのか」をアピールする彼女の手段だろうな
とすぐに分かった。
涙が出そうになったけど、弱音をはいても仕方がない。一番つらいのはみーちくなのだ。

とにかくきみっぺにすぐに電話をして頼むから少しでも早くお迎えに
言ってあげて!!と懇願した。





長くなったので、この続きはまた次回











スポンサーサイト

0件の質問・感想

質問・感想の投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://maronjapan.blog57.fc2.com/tb.php/94-524b34ab

0件の関連リンク

Appendix

プロフィール

maronJAPAN

Author:maronJAPAN
北九州にて、デザイン会社とネット通販の運営をしています。
中学3年生と小学3年生の娘達、掃除好きのパパさんと、毎日を平凡に暮らす自称パワフルウーマンです(^▽^;)


*仕事*
デザインオフィスmaron*JAPAN
母子手帳カバー通販サイト運営
イラストレーター
グラフィックデザイナー

◎母子手帳カバー
◎BABY IN CAR
◎エコバック

◎チラシ
◎パンフレット
◎ポスター
◎メニュー
◎WEB制作
◎ロゴ制作
◎似顔絵
◎イラスト

etc...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索